公認会計士の試験に合格しよう

試験に合格してできる仕事とは?

国家試験に合格をすることで無事に公認会計士として活躍をすることが可能になりますが、そもそも公認会計士とはどのような仕事を行うのでしょうか。これから公認会計士の資格を取得しようと思っている人で仕事内容について詳しく知りたいと思っている方のためにもここでは仕事内容について話します。

まず1つ目は監査です。監査とは企業の作成した財務書類を調べ、その企業が法律をまもって正しく経済活動をしているかのチェックをする仕事です。監査をすることで企業の信頼も上げることが可能になります。

続いて2つ目はコンサルティングです。この業務は主に経営や財務に関してアドバイスをすることができる仕事です。基本的には企業から依頼を受けて外部から助言を与えるということが多いです。しかし、中には企業の社員としてコンサルティングを行う人もいます。

その他にも3つ目は税務です。公認会計士の資格があれば税理士の業務もすることが可能です。税理士として企業の税務指導なども行うことが可能です。
このように、大きく分けると3つの仕事内容が存在しています。活躍できる幅は大きくありますし、企業などが存在する限り安定している職業なので魅力的で人気があります。

試験合格までの道のりでやっておきたいこと

公認会計士になるために必要なことはしっかりと勉強をすることです。試験に合格をするためには勉強が必須になりますが、ただ単に勉強をするだけでは意味がありません。勉強と言っても色々あり、試験を受ける前にやっておきたいことはたくさんあるので、ここではいくつか重要なポイントを紹介します。

まず1つ目は授業後の復習をしているかどうかをチェックしましょう。中には授業を受けても復習を全くしないという方がいますが、復習をしなければなかなか知識を効率よく身につけることができません。後回しにすればするほど忘れていく可能性は高くなるので、なるべく授業を行った後は復習をするように心掛けましょう。

続いて2つ目に重要なのがメリハリをつけて勉強をすることです。例えば8時間の勉強でもそのうち1時間しか集中していなければほとんど頭に入っていないということになりもったいないので、休憩する時は休憩をする。勉強をする時は勉強をするとメリハリをつけることでしっかりと集中もすることができます。集中力はいかに切らさずにできるかが重要です。

このように、公認会計士になるためには勉強の方法も重要になるので間違った勉強をしないためにも注意しましょう。

公認会計士の試験合格には専門学校の講座を受ける

公認会計士は国家試験に合格をする必要がありますが、その為にはしっかりと勉強をし、また勉強方法も大切になります。勉強方法はいくつかありますが、中には何から始めたらいいのか分からないという方もいるでしょう。こういった方でも簡単に勉強方法を見つけるためには専門学校に通って講座を受けた方がいいと言われており、通うことで必要な勉強方法を教えてもらうことができます。効率よく試験に合格するためにも学校に通った方がいいと言われているので、ここでは公認会計士になるために専門学校の資格講座を受けることのメリットについて紹介していきます。

まず専門学校は学習環境が整っているというメリットがあります。例えば自習室が完備されていたり、パソコンを自由に使うことができたりなど、公認会計士になるために必要な勉強ができる環境が整っています。学習の環境は重要になるので、特に勉強する環境を探しているという方は利用について考えた方がいいでしょう。

また、公認会計士の国家試験合格を目指した勉強ができるというのも魅力的です。例えば専門学校でないところでは公認会計士以外の勉強も行うことが多く、色々な勉強をしますが、基本的に専門学校では公認会計士になるための勉強をするので、無駄な知識を詰め込むことはありません。国家試験のためだけの勉強ができるというメリットがあります。

このように勉強方法で悩んでいる人は専門学校などに通うことで必要な勉強方法を身につけることが可能になるので、国家試験に合格したい人は入学について検討してみてはいかがでしょうか。