公認会計士の試験に合格しよう

試験に合格してできる仕事とは?

国家試験に合格をすることで無事に公認会計士として活躍をすることが可能になりますが、そもそも公認会計士とはどのような仕事を行うのでしょうか。これから公認会計士の資格を取得しようと思っている人で仕事内容について詳しく知りたいと思っている方のためにもここでは仕事内容について話します。

まず1つ目は監査です。監査とは企業の作成した財務書類を調べ、その企業が法律をまもって正しく経済活動をしているかのチェックをする仕事です。監査をすることで企業の信頼も上げることが可能になります。

続いて2つ目はコンサルティングです。この業務は主に経営や財務に関してアドバイスをすることができる仕事です。基本的には企業から依頼を受けて外部から助言を与えるということが多いです。しかし、中には企業の社員としてコンサルティングを行う人もいます。

その他にも3つ目は税務です。公認会計士の資格があれば税理士の業務もすることが可能です。税理士として企業の税務指導なども行うことが可能です。
このように、大きく分けると3つの仕事内容が存在しています。活躍できる幅は大きくありますし、企業などが存在する限り安定している職業なので魅力的で人気があります。


試験に合格してできる仕事とは?
Previous post
試験合格までの道のりでやっておきたいこと
Next post