公認会計士の試験に合格しよう

試験合格までの道のりでやっておきたいこと

公認会計士になるために必要なことはしっかりと勉強をすることです。試験に合格をするためには勉強が必須になりますが、ただ単に勉強をするだけでは意味がありません。勉強と言っても色々あり、試験を受ける前にやっておきたいことはたくさんあるので、ここではいくつか重要なポイントを紹介します。

まず1つ目は授業後の復習をしているかどうかをチェックしましょう。中には授業を受けても復習を全くしないという方がいますが、復習をしなければなかなか知識を効率よく身につけることができません。後回しにすればするほど忘れていく可能性は高くなるので、なるべく授業を行った後は復習をするように心掛けましょう。

続いて2つ目に重要なのがメリハリをつけて勉強をすることです。例えば8時間の勉強でもそのうち1時間しか集中していなければほとんど頭に入っていないということになりもったいないので、休憩する時は休憩をする。勉強をする時は勉強をするとメリハリをつけることでしっかりと集中もすることができます。集中力はいかに切らさずにできるかが重要です。

このように、公認会計士になるためには勉強の方法も重要になるので間違った勉強をしないためにも注意しましょう。


試験に合格してできる仕事とは?
Previous post
公認会計士の試験合格には専門学校の講座を受ける
Next post